ABOUT

リード三味線、ベース三味線、ドラムから成る東京を拠点とした日本のインストゥルメンタル3ピースバンド。
TRANSIST RECORDS所属。

エレキ三味線のサウンドを追求し、伝統からはみ出した独自の世界を歩み続けるシャミセニスト、寂空-JACK-(静岡市出身)を筆頭に、”歌心”と”リズム感”を兼ね備え、バンドでは史上初のベース三味線を担当するYUJI、JAZZ、METAL、LATINなど、あらゆるジャンルにおいてハイクオリティーなドラミングを魅せるKYOHEIの3人が、他のバンドに負けないほどの圧巻のパフォーマンスとドライブ感で“ニホンのイマ”、‘’トーキョーのイマ”を世界へ向けてかき鳴らす。

2018年に海外デビューを果たし、台湾でのツアーを2度成功させる。
2019年、台湾で撮影した新しいミュージックビデオ「処女航海」をリリース。

世界遺産上賀茂神社奉納演奏、横田基地友好祭2019でのメインアクト、ラグビーW杯オフィシャルレセプション(横浜アリーナ)での演奏他、国内でも精力的に活動を展開。
2020年にはバンド初のヨーロッパツアーを決行し、ロンドンではラジオの出演も果たす。
2020年4月8日、3rdアルバム 【re:tokyo】をリリース。

A Japanese instrumental three piece band formed by two Shamisen (Lead and Bass) and drums. Currently signed to TRANSIST Records, THE SYAMISENIST delivers super-charged live performances wowing audiences and earning followers everywhere they play. 

 

THE SYAMISENIST is led by Jack, a traditionally trained shamisen player and special instructor of ESP entertainments’ Japanese instrument seminars. Yuji, the worlds first bass shamisen player covers the bass lines while Kyohei, endorsed by BONNY DRUM JAPAN and GOSTRAY Custom Drum Works , holds down the drum beats.

Using traditional instuments, The Syamisenist intends to share the new and exciting sounds of Tokyo and Japan with the world.

 

The special charm of The Syamisenist lies in thier live performance. Once the lights go up, with four counts, all hell breaks loose as the group releases a raw energy that can’t be matched.  Soaring to the ends of the earth with untamed musical performance, they cut through the air with electric shamisen sounds that amaze and bewilder at the same time. 

The addition of Kyohei’s heavy beats and the so nicknamed ‘heavy tank’ pushes the sound beyond the atmosphere as it explodes into the vastness of space. 

 

Drawing from a diverse musicality, The Syamisenist moves from  psychedelic rock to jazz and funk to fuzzy heavy metal inspired riffing to Indian scale and Japanese tunes with ease. Back beats infused with Japanese traditional and African American styles keep crowds moving and wondering what will come next. 

 

The band has recieved overwhelming support from musicians and creators, as their styles like free-improvisation, oscillating grooves and use irregular metre continue to inspire and motivate others. 

 

In 2018 the group began expanding overseas with a wildly successful Tour of Taiwan. Wanting more, The Syamisenist is now ready to make more waves in the worldwide music scene.

 

“I think no bands, even the Rock bands can imitate their performance filled by spirits and thrills.” by Yoshiko Funami, music writer.

MEMBER

寂空 -JACK-

津軽三味線

静岡市出身。 湘南育ち。

津軽三味線の奏法を基盤に、ROCK、JAZZ、インド音楽、ラテン音楽などのフィーリングを特色とし、自由でボーダーレスなそのプレイスタイルにより、自らをシャミセニストと名乗る。これまでに国交行事などで、アメリカ、アジア、ヨーロッパ、中東、南米など十数カ国での演奏を経験。国内においては、年間100本以上のライブの他、出雲大社平成の大遷宮や奉世界文化遺産上賀茂神社での奉納演奏、TV、映画、CMへの楽曲提供等、作曲にも力を注いでおり、

また、演奏家として数々の作品のレコーディングにも参加している。2014年、津軽三味線世界大会唄付け伴奏に出場し、銀賞を受賞。

YUJI

津軽三味線

2007年、和太鼓奏者として活動する傍ら、津軽三味線に出会う。以来邦楽バンドでの台湾ツアー、ワンマンライブ700人動員。myspace着うたランキング2位を獲得し、ピックアップアーティストとして紹介される。

2011年、津軽三味線奏者としての活動を本格化、活動拠点を関東に移す。ソロ活動3ヶ月にして「太鼓祭inくまがやドーム」に特別ゲスト出演。1万人を超える観客を前に演奏。

2013年、声優【宮野真守】「Identity」MVに出演。同年、ミュージカル座「バクマツ。」(作・演出/川本昭彦)にて音楽出演。

津軽民謡はもちろんの事、全国各地の民謡の『唄付け』も積極的に行う。

2017年、津軽三味線世界大会(弘前大会)、唄付伴奏B級部門にて初出場・初優勝。

また、元和太鼓奏者としての経験を活かし独自の特殊奏法も用いる。

ソロ活動の他、バンド,プロ和太鼓グループのサポートメンバーとして国内外を問わず活動。他ジャンルとのコラボレーションを積極的に行い、津軽三味線の即興性と独自のセンスで各方面で好評を得る。

KYOHEI

ドラム

4歳よりドラムを叩き始め、これまでクラシック、ジャズ、ロック等様々なフィールドでジャンルを問わず活動。昭和音楽大学卒業と同時に中学校一種、高等学校一種の教員免許状を取得。
現在は自身のインストバンドPesanteの活動を中心に様々なアーティストのサポートドラマーとしても活躍。また、パーカッションも得意とし、パーカッショニストとして参加した公演も数多く、その活動は多岐に渡る。
2014年4月には自身のリーダーバンド"Pesante"でグラミー賞受賞ドラマーYonrico Scott氏の来日公演でオープニングアクトを務める。
[Endorsers]  BONNEY DRUM JAPAN / Gostray Custom Drum Works